1. トップ
  2. 春の観光情報

春の観光情報

青森市の南部にあるパワースポットの秘境

高さ15mの滝行新青森駅から車で約50分にある「御鈴大滝(みすずおおたき)」。
高さ15mの絹糸のような水が落ち、マイナスイオンに満ちたこの場所は、
まさに滝行にふさわしい神々しい空間です。滝行をしたい場合は
付近にある石神神社の宮司さんにお願いすることになります。
石神神社の由来御神体はガイコツのような形をしたゴツゴツした岩です。
その昔、重い眼病を患う弥十郎という村人がいましたが、
弥十郎はある晩、大きな石から湧く水を目につけると眼病が治る
という不思議な夢を見たそうです。翌日、その石を探すため
夢を頼りに山中に入ると、夢と同じ石を発見し、その湧水で
本当に眼病が治ったという言い伝えがあります。
ここもパワースポットとして知られているようです。

日本一の木造三連太鼓橋

岩木山を背景に当ホテルから車で1時間40分ほどにある北津軽郡の観光名所。
岩木山を湖面に写す津軽富士見湖にあるこの橋は、全長300mのもある
木造の三連太鼓橋で、日本一の長さと言われています。
津軽富士見湖の伝説600年前に津軽鶴田町を統治していた清水城の城主・間山之守忠勝は、
穏里の太右衛門の娘・白上姫と恋に落ちましたが、間山之守は他の女性を結婚。
白上姫は悲しみのあまり大溜池(今の津軽富士見湖)に身を投げ、白竜と化し
間山之守を苦しめ続けたと言われています。
平成24年の青森ねぶたでは、この悲恋をテーマに「津軽富士見湖伝説 鶴の舞橋」を
制作・運行して話題を呼んだ制作者もいました。
お子様も楽しめるこの湖には富士見湖パークがあり、12.4haの敷地内に
360度ループの滑り台があるわんぱく広場や、バーベキューが楽しめる
ピクニック広場などたくさんの遊戯施設があります。
お子様と一緒に青森の自然体験をぜひ!

獲れたて海鮮の「のっけ丼」

市場でおいしい海鮮丼青森市民の台所、古川市場・青森魚菜センターでは
どんぶりご飯にお好みの具材をのせて食べる「のっけ丼」が人気!
新鮮な魚介だけでなくお肉も選べるので、どちらも食べたい人は
一緒に味わえる嬉しい限り!

詳しくは「青森魚菜センター」へお問い合わせください。
TEL.017-777-1367
こちらもおすすめ全国ご当地どんぶり選手権で2016,2017年連続でグランプリを獲得した
八戸の「八戸銀サバトロづけ丼」も見逃せない一品!
本州最北端の漁場・青森県八戸沖で獲れる「八戸前沖さば」の中でも
550g以上の大型のさばが「銀鯖(ぎんさば)」と呼ばれています。
口の中でとろけるような身は、マグロのトロに匹敵すると言われていて、
そんなサバを使っているから不味いはずはない!

食べたい人は、ちょっと離れた八戸まで足を延ばしてみてください。
◆八戸 俵屋&しんぶんカフェ TEL.0178-51-6767

渡橋を歩いて島へ

20haの半島夏泊半島 大島は当ホテルから車で40分。
島には夏泊崎の先端から渡橋を歩いて移動します。
橋があるので満潮でも大丈夫!陸奥湾を一望できる灯台があり、
ちょっとした観光スポットになっています。
一部断崖絶壁のところがあるので島を一周することは出来ません。
島でのイベント周辺は海水浴場・キャンプ・魚釣りに最適!
アウトドアを満喫できますよ!
キャンプ場は、椿山海水浴場と同様に
予約不要のフリースペースとなっております。

◆詳しい情報はこちらから◆
平内町ホームページまたは平内町役場水産商工観光課
TEL.017-755-2118

カメラマンを魅了する神秘的な光景~蔦七沼~

ブナの原生林が輝く場所当ホテルから車で1時間20分ほど八甲田山方面へ向かった先は
「蔦七沼」と呼ばれる七つの沼が点在するポイントです。
七沼めぐりは日本百名湯のひとつ「蔦温泉」からスタート!
ブナ林がひときわ輝く新緑と紅葉の時期が人気です。
散策路が整備されてます赤沼、蔦沼、月沼、長沼、菅沼、瓢箪沼の7つの沼を結ぶ遊歩道
「沼めぐりの小道(2.9km、所要約1時間)」が整備されてますので、
誰でも気軽に七沼の自然を楽しめます。
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一部制限がかかる場合がございます。
    ご利用前に観光情報をご確認のほどお願いいたします。