1. トップ
  2. 冬の観光情報

冬の観光情報

ホテルのすぐそばにあるスキー場

※新型コロナウイルス感染拡大防止の為、イベント等に関しては開催しない場合がございます。

  • 全長2,000mのパノラマコースなら
    滑走しながら陸奥湾や下北半島のパノラマを満喫!
    その他に初級者コースが2つ、上級者コースが1つ。
    初めてスキーやスノボをする方におすすめです。

    当ホテルから徒歩7分の立地ですので
    体が冷えたら温泉でひと休み♪

八甲田スキー場とロープウェイ

  • 幅広で林の中を滑走する上級者コースや
    積雪状況によって自然の状態を生かして
    選定されたツアールートには6km以上の
    コースもあります。

    ツアールートは一部危険個所があります。
    詳細はスキー場へご確認ください。

雪の十和田湖をイルミネーションが照らす

  • 今年の冬のイベントはイルミネーションや
    プロジェクションマッピングが織りなす光の冬物語。
    SNSでも情報公開しております。
    「#光の冬物語」でチェック!

    ◇開催日
    2020年11月18日(水)~2021年1月31日(日)

    ◇開催時間
    17:00~21:00(最終受付は20:30)

青森のローカル線を楽しむ旅

  • 「津軽鉄道」昔懐かしの列車

    津軽鉄道の冬と言えば「ストーブ列車」。
    津軽半島を縦断するこの列車は、
    昭和5年から運行開始された歴史ある
    列車でもあります。

    ストーブの上でするめを焼いたりするのも
    よく見かける光景です。

    ちなみに途中駅「金木」は馬肉の産地で
    当ホテルの別注料理「馬刺し」でも
    金木産馬肉を使用してます。
  • 当ホテルの最寄り駅「野辺地駅」から津軽鉄道へ行くには
    私鉄の青い森鉄道を使って約3時間。

    ・野辺地→青森(青い森鉄道)
    ・青森→川部(奥羽本線)
    ・川部→五所川原(五能線)

    五所川原駅から徒歩4分のところに
    津軽鉄道の出発点「津軽五所川原駅」あります。

    ◇◇ 食のおすすめ ◇◇
    五所川原と言えば十三湖のしじみを使った
    「十三湖しじみラーメン」が人気です。
    塩ベースのスープに大和しじみがエキスがたっぷり!

その他の青森名物や観光情報

あおもり帆立小屋(青森市)活ホタテのひっかけ釣りと浜焼き体験!!
釣ったホタテを自分でコンロで焼いたり、スタッフに刺し身や
握り寿司にしてもらうことができます。
釣れなかった場合でもホタテをもらえますので、
お気軽に参加してみてください。

お問合せ
◇あおもり帆立小屋
電話:017-752-9454
じゃっぱ汁(青森市)「じゃっぱ汁」は、青森の冬を代表する魚・鱈(タラ)の
じゃっぱ(アラ)と野菜などを煮込み、塩や味噌で味付けした、
青森の冬にはなくてはならない代表的な郷土料理です。
栄養価が高く、寒い冬に心身ともに温まるということから、
家庭でも人気の定番料理となっています。

お問合せ
◇七子八珍の会
 電話:017-723-7211
三沢ほっき丼(三沢市)青い森鉄道を八戸方面へ下った三沢市の名物。
12月~3月の期間限定で三沢市内の飲食店で
ご提供しております。

お問合せ
◇三沢市ほっき料理会(三沢市役所観光物産課内)
 電話:0176-53-5111
味噌カレー牛乳ラーメン(青森市)味噌をベースにカレー粉、牛乳が絶妙なバランスのスープに
バター、もやし、メンマ、わかめをトッピング。
札幌で活躍していた佐藤清氏が青森市に開いた「味の札幌」で
中高生の発想により誕生して以来、青森市民のソウルフードとなりました。

コシのある麺・味噌のコク・カレーの刺激・牛乳のまろやかさ
バターの風味が見事に調和した新感覚のラーメン。

◇お問合せ
協同組合青森味噌カレー牛乳ラーメン普及会
電話:017-766-8663
青森生姜味噌おでん(青森市)すりおろした生姜と味噌を混ぜ合わせたタレをのせたおでん。
戦後、青森駅前周辺にできた屋台から始まったとされています。
青森の寒い冬はこれを食べて温まってください。
馬肉鍋(南部地方)三戸、五戸、六戸、七戸、八戸など”戸”が付く地名が多い南部地方は
馬と共に暮らしてきた地域で古くから馬肉が食べられていました。
その中でも五戸は馬の仲買人が多く、明治時代から馬肉鍋が食べられてきました。
高タンパク・低カロリー・低脂肪のヘルシーなお肉として人気がある馬肉ですが
青森では味噌仕立ての鍋や、馬刺し、義経鍋と呼ばれる焼肉、しゃぶしゃぶなどで
楽しむことができます。